キッズ・ジュニアスキー用品専門店ARU(アル)

電話受付 10:00~19:00(水曜定休)
050-5373-6909
出られない場合は折り返します

スキーのターンの種類と特徴

ターンの種類は、スキー板の角度によって、ボーゲン、シュテームターン、パラレルターンの3つに分かれます。ボーゲンが最も難易度が低く、シュテームターン、パラレルターンと難易度が上がっていきます。

カービングターンは、エッジをずらさないで滑る技術で、ピボットターンは、ブーツを中心として最小半径で回る技術です。どちらもスキー板の角度は関係ないので、上記のターンの種類とは別の技術です。

目 次

ボーゲン

サンプル画像

最も簡単なターンで、最初に覚える基本の滑り方です。スキーを八の字の角度にして滑るのが特徴で、左右交互に体重移動をすることで、ターンを行います。プフルークボーゲンとも呼ばれています。


シュテームターン

サンプル画像

シュテームターンは、ターンの前半で板が八の字になっていて、後半に揃うターンです。ボーゲンからパラレルターンを行う際に、覚える必要があり、シュテムボーゲンとも呼ばれています。


パラレルターン

パラレルターンは、左右の板を揃えたままでターンを行います。他2つのターンよりも、スピードが出てしまうので、制御することが難しい特徴があります。


ウェーデルン

ウェーデルンは、パラレルターンを連続で小回りに行うターンで、上体が真っ直ぐ下に向かって行く特徴があります。最も技術を要するので上級者向きのターンです。


ジュニアスキーに関するお役立ちコンテンツ

ジュニアスキーレッスンに関するコンテンツ