キッズ・ジュニアスキー用品専門店ARU(アル)

電話受付 10:00~18:00(日曜定休)
050-5835-0203
出れない時は折り返し 店舗営業時間こちら

「スキー授業に賛成?反対?」
学校のスキー授業に関するアンケート調査

札幌市など雪が降る地域では、子供の頃に学校の授業でスキーをした経験があるという方が多いのではないでしょうか。

また、現在「子供のスキー授業が控えていて準備が大変…」という方もいらっしゃるかと思います。

スキー授業は「雪国ならではの体験」「積雪があっても外に出て運動ができる」などのメリットがあります。

しかし「必要な道具を揃えるのに費用がかかる」「雪山での事故やケガのリスクも高い」といった心配の声も。

そこで今回は、スキー授業がある地域に住んでいる(過去に住んでいた)親272人を対象にアンケートを実施し、「スキー授業に賛成or反対」「子供のスキー用品一式を購入するのに理想的な金額」について聞きました。

【調査概要】

・調査対象:スキー授業がある地域に住んでいる(過去に住んでいた)親
・調査日:2021年8月29日~9月30日
・調査方法:インターネットによる任意回答
・調査人数:272人

目 次

子供のスキー授業があることに賛成なのは84.5%

まず「スキー授業に賛成or反対」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

「賛成」「どちらかと言えば賛成」をあわせて84.5%となり、半数以上の人が「賛成」していることがわかります。

「賛成」・「どちらかと言えば賛成」の理由1位は「雪国ならではの授業だから」

まず、子供のスキー授業があることに賛成・どちらかと言えば賛成と答えた理由について聞いたところ、回答は以下のようになりました。

7位までをランキング形式で紹介します。

子供のスキー授業があることに賛成・どちらかと言えば賛成を選んだ理由の第1位は「雪国ならではの授業だから」。

地域の特性を活かした授業に賛成している方が多いことがわかります。

2位以下は「授業で行わないと体験できる機会がない」「楽しめる・思い出になる」と続きます。

8位以下には「スキー授業を通して成長できる」「学校以外の人とコミュニケーションが取れる」などの意見もありました。

また、「スキーが出来ない子供が増えるとスキー場が少なくなり、大人もスキーを楽しめる場所がなくなるから」といった方も。

では具体的な回答を紹介します。

1位 雪国ならではの授業だから

■北海道在住の方の声--------
・雪のある地域に住んでいるのだから、それを楽しまないのはもったいないと思うし、スキーは一生の趣味にも出来ると思うから。(30代男性/北海道札幌市南区)

・冬の日常的なレジャーとなっているので反対する余地がないです。危険性を完全に排除することは難しいですが、他のレジャー、スポーツでも同様だと思います。(40代女性/北海道札幌市豊平区)

・せっかく雪国に産まれたのであれば、スキーが出きるとバランス感覚もよくなるとおもうし、友達とスキーするのは楽しいしやってほしい。 自分も好きだからそう思うのかもしれませんが。(40代女性/北海道深川市)

・子供達には、雪のなかで遊べる機会を学校も含めて多く持ってもらいたい為、スキー学習は大いに賛成です。(40代男性/北海道恵庭市)

■他の地域の方の声--------
・スキー授業は、私にとっても両親にとってもかけがえのない時間だったし、この土地に住んでいるからこそできる事なので、できる事ならば無くなってほしくない授業です。(30代女性/富山県富山市)

1位は「雪国ならではの授業だから」です。

やはり「雪が降る地域ならでは」という点でスキーを経験させたいと思う人が多いようです。

「スキーを始めるきっかけになる」「雪国に住んでいることを意識してほしいから」などといった意見も。

また、「思春期の頃に、ゲームよりもスキーやスノボに遊びに出かけてくれる方が健全」という方もいました。

2位 授業で行わないと体験できる機会がない

■北海道在住の方の声--------
・学校で授業がなければ、共働きが多い現代ではスキーを経験しない子どもが増えそうだから。(40代女性/北海道札幌市白石区)

・北海道在住なので、子供にスキーを経験させたいから。しかし、一式揃えるのに費用がかかり過ぎるのが難点です。(50代男性/北海道札幌市中央区)

■他の地域の方の声--------
・雪の景色を楽しみながら滑るスキーは子供にとって良い体験になるし、いい思い出になるからです(50代女性/長野県飯綱町)

・滑れるようになるかどうかは重要ではないが、「体験」は何事も必要だと思っているので、 好き嫌いに関わらずやらなければならない授業で取り入れられるのは良い(30代女性/秋田県横手市)

「授業で行わないと体験できる機会がない」が2位に入りました。

普段はスキーをする機会が少ないため、授業で体験できるのは貴重だと感じているようです。

スキー授業がなかったという方からは「成人してからスキーやスノーボードにチャレンジしたくても、何を装備すればいいのか分からない。怪我するのではという恐怖でチャレンジ出来なかったので、なんでもチャレンジできる小学生くらいのうちにやってみたかった」といった意見もありました。

3位 楽しめる・思い出になる

■北海道在住の方の声--------
・北海道らしくて良いと思う。スキー遠足も楽しい思い出になる(20代男性/北海道札幌市豊平区)

・うちは家族でスキーをする家庭で、子供も冬休み中はスキー学校に通っているし、小学校でもあると子供も喜ぶので賛成です。また、保護者もボランティアでスキー授業に参加できたりもするので、普段見ることが少ない自分の子供や他の子供達と交流ができたりするのも楽しいと思います。(40代女性/北海道札幌市手稲区)

・私がスキー授業を小・中・高と経験して、とても充実した授業だと感じたからです。私の親は転勤族で、四国・本州・北海道で幼少期を過ごしました。様々な地域で育った中で、雪国である北海道でのスキー授業は1.2を争う好きな授業でした。遠足気分でスキー場に向かい、友達と楽しくリフトに乗り、スキーで転んで笑い合い、楽しい思い出がたくさんあります。だから私はスキー授業に賛成です。(20代女性/北海道札幌市西区)

■他の地域の方の声--------
・子供達にとってまた違った世界感を感じさせられるいい機会だと思います。クラスの仲間達と心の底から楽しめるいい授業の一つだと思います(40代男性/宮城県柴田郡川崎町 )

3位に入ったのは「楽しめる・思い出になる」。

「友達と楽しめる」「大人になっても思い出として残っている」などと回答が寄せられています。

「子供がスキーの授業がある日を指折り数える姿も見ているから」「ひとつのイベントのような位置づけなので子供も楽しみにしている」という意見もあり、子供たちも楽しんでいる事がわかります。

また、「保護者もボランティアでスキー授業に参加できたりもするので、普段見ることが少ない自分の子供や他の子供達と交流ができたりする」と、親としてスキー授業を楽しみにしている方もいるようです。

4位 子供のうちからスキーを学べる

■北海道在住の方の声--------
・スキーができる地域なので、滑れるようになって欲しいから(50代男性/北海道札幌市東区)

・雪国に住んていれば、大人になってスキーやスケートなど滑る機会は沢山あると思います。子供のうちにスキー授業で学んでおけば、苦労しなくていいと思います(40代女性/北海道千歳市)


■他の地域の方の声--------
・小さい頃にスキー授業で練習していた方が楽だからです(30代女性/石川県金沢市)

4位は「子供のうちからスキーを学べる」です。

やはり「雪が降る地域に住んでいるからには、滑れるようになっていた方が良い」と思っている方も多いようです

また「雪国出身と言うだけで『スキー滑れるんでしょ?』と言われるため」といった意見も。

「北海道民ならスキーが出来ないとダメ」「大人になって、全く滑れないでは恥ずかしいから」という回答もあり、雪国ではスキーのイメージが強い事がわかります。

5位 運動不足解消になる

■北海道在住の方の声--------
・冬は家にこもりがちになるのでスキー授業はいいと思います(40代男性/北海道函館市)

・冬になると外で遊ばなくなり運動不足になるので、スキー授業があるのは賛成です(30代女性/北海道天塩郡豊富町)

・冬の運動不足解消や、バランス感覚を養うのに役立つから(40代女性/北海道江別市)

■他の地域の方の声--------
スキーは普段使いづらい筋肉を使う全身運動のため、体作りに有効であるため(30代男性/青森県十和田市)

「運動不足解消になる」が5位に入りました。

積雪があると外で出来る運動やスポーツが限られ、室内での活動が多くなります。

そのため、スキー授業を行うことで「冬場の運動不足解消になる」と考えているようです。

「全身運動で健康促進に役立つ」「運動神経の発達に繋がると思う」などと、体の成長を期待する声もありました。

6位 ウィンタースポーツを知ってほしい

■北海道在住の方の声--------
・せっかく北国で生活しているのだから、ウィンタースポーツを経験しておくのも良いかと思います。ただ子供の負担になるほど何度もあるのは困る(50代女性/北海道札幌市中央区)

・雪国のスポーツとしてスキーを授業で習うことは悪くない(30代女性/北海道札幌市白石区)

■他の地域の方の声--------
・オールシーズンできるスポーツも良いですが、自然の中で冬しかできないスポーツということで、限定シーズンしかできない楽しさや面白さを体験してほしい(20代男性/長野県上田市)

・せっかくウィンタースポーツができる機会があるのなら、活用すべき(30代女性/長野県白馬村)

6位は「ウィンタースポーツを知ってほしい」でした。

「冬でも楽しめるスポーツを経験してほしい」「ウィンタースポーツの魅力を感じてほしい」という意見も寄せられました。

ウィンタースポーツは、経験できる地域や季節が限定されているため、授業をきっかけに興味を持ってほしいといった思いがあるようです。

また、「今の子供達はインターネットやゲームが普及して、外で遊ぶ事が少なくなっている。学校の授業でやってくれるのはとてもありがたい」という回答も。

7位 親が教えるのは難しい

■北海道在住の方の声--------
・親がスキーを教えるのは、スキー場の費用も含めて難しいので、授業でやってもらえるとありがたいから(40代女性/北海道札幌市西区)

■他の地域の方の声--------
・親がスキーを教えてあげることに限界があるので、授業があると助かる(40代女性/新潟県上越市)

・家庭ではなかなか山に連れて行ってあげられないので、スキー授業が良い体験になると思う(40代女性/山形県天童市)

7位は「親が教えるのは難しい」でした。

「親が滑れないので教えられない」「雪山に連れていくのは大変」という意見が多数でした。

さらに「親が教えるのは大変、習い事などは送迎や受講料などが負担になる」「個人でスキーを教えるのは、スキー場の費用も含めて難しい」といった費用面の理由からも、子供にスキーを経験させるのが難しいことがわかります。

考察

スキー授業に賛成の理由は「雪国ならではの授業だから」「良い体験になる」など、地域の特性や環境を活かした授業であるからと言えます。

さらに、雪国でスキーは身近なスポーツでありながら、大人になってからは行う機会が少なくなるため、子供のうちに体験して楽しさを知ってほしいと思っている方も多いようです。

また、賛成の意見の中にも「ケガが心配」「スキー用品を揃えるのが大変」といった声もありましたが、やはり「子供には色々な経験をして、成長に繋がってほしい」といった、親としての思いが表れた結果となったのではないでしょうか。

「反対」・「どちらかと言えば反対」の理由1位は「金銭面での負担が大きい」

続いて子供のスキー授業があることに反対・どちらかと言えば反対と答えた理由について聞きいたところ、回答は以下のようになりました。

上位5位までをランキング形式で紹介します。

1位は「金銭面での負担が大きい」でした。

2位以下は「危険・安全性が心配」「意味がない・将来に役立たない」と続きます。

全体的に、金銭面についての意見が多く挙がりました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 金銭面での負担が大きい

■北海道在住の方の声--------
・授業以外ではスキーをしないのに、ウェアやスキー一式を用意するのがお金の負担なので反対です。ワンシーズンでサイズアウトしてしまうこともあり、金銭的に負担が大きいです。また我が家は3人も子供がいるので大変です(30代女性/北海道江別市)

・年に数回しか行わないスキー学習のためにスキー用具一式を揃えて、数万円分も購入するのは負担でしかないです。子供の成長は早く、1年2年で買い替えが必要になることもあります(40代女性/北海道札幌市東区)

・年に何回かしか使わない道具に、何万とお金がかかるのが嫌です(30代女性/北海道恵庭市)

■他の地域の方の声--------
・親の金がかかるし、運動嫌いな人もいるからです(30代女性/広島県呉市)

・スキーの授業自体は年に数回くらいしかなく、スキー道具一式を揃える金額に見合ってない(50代女性/青森県つがる市)

1位は「金銭面での負担が大きい」です。

「スキー用品が高くて負担が大きい」「子供の成長にあわせて買い替えが必要」などの回答が多数寄せられています。

年に数回しか行わないスキー授業のために、高額なスキー用品を揃えるのは、非常に負担となっているようです。

子供の身長や足のサイズに適した用品でなければ上手く滑れず、ケガをするリスクもあるため、成長の早い子供にあわせて用品を買い替える必要も出てきます。

中には「授業時間をずらすなどして学校でスキー用具を用意し、レンタルしてほしい」といった意見も。

2位 危険・安全性が心配

■北海道在住の方の声--------
・自分が昔スキー授業で手を骨折したので怪我が心配(30代女性/北海道恵庭市)

・やはり安全性に欠けているため、不安な気持ちがあります。怪我をしないかなど全て先生に任せるため、怖いです(40代男性/北海道札幌市中央区)

・怪我も怖いのでないほうがいいです(40代女性/北海道札幌市中央区)

■他の地域の方の声--------
・最近、気候変動が著しく雪が少ないとか雪崩が起きています。熱中症にならないため外での運動制限があるように、冬の授業の在り方を考えてもいい時期なのでは(40代男性/仙台市青葉区)

・スキーはケガをすると大ケガになってしまうので、できればやめてほしい。(40代男性/長野県戸隠村)

「危険・安全性が心配」が2位に入りました。

「ケガをしないか心配」「遭難するリスクもある」といった回答が寄せられています。

室内で行うスポーツと比べて、雪山で行うスキー授業は危険が多く、自然災害による事故が起きる可能性もゼロではありません。

また「スキーはケガをすると大ケガになってしまう」という意見もありました。

3位 意味がない・将来に役立たない

■北海道在住の方の声--------
・道具が必要で高額なものを買わされるわりには、大人になってから活用する機会はほとんどない(40代女性/北海道札幌市北区)

・スキー授業ができる地域だからと言ってスキー授業をやる必要はないと思います。(30代男性/北海道勇払郡厚真町)

■他の地域の方の声--------
・個人的にな見解ですが、普通に現代社会にあまり役に立たないと思うからです(40代男性/新潟県糸魚川市中央区)

3位に入ったのは「意味がない・将来に役立たない」。

「スキー授業以外でスキーをすることがない」「大人になっても、スキーの経験は役に立たない」と感じている方もいるようです。

「やるなら選択授業形式にすればいいかなと思います」といった意見も。

同率3位 スキー用品を準備するのが面倒

■北海道在住の方の声--------
・他の科目に比べ、必要物品が多すぎる、とくに低学年は、一人で学校に運ぶことができず、親の出番が必要(女性/北海道札幌市中央区)

■他の地域の方の声--------
・特に多くの回数をやるわけでなく、寧ろ少しの時間しか無いのに準備するというのが非常に煩わしいです(30代男性/青森県つがる市)

同率3位は「スキー用品を準備するのが面倒」です。

「用意が大変」「数回の授業のために、道具を揃えるのが大変」という回答が寄せられました。

スキー授業では、各家庭でスキー板、靴、ストック、ウェアなど多くの用品を準備しなければならず、体が小さい子供がスキー用品を学校に運ぶのは非常に大変です。

また、ここでも「選択制にしてほしいと感じた」といった声がありました。

5位 子供によって実力に差が出る

■北海道在住の方の声--------
・うまい子はやっていて楽しいかもしれないが、苦手な子は泣いてしまう場合が大半(20代/北海道札幌市清田区)

■他の地域の方の声--------
・スキーやったことある子とない子で差が付くから(30代/青森県弘前市)

5位にランクインしたのは「子供によって実力に差が出る」です。

授業以外でスキーを行うご家庭もありますが、授業で初めてスキーをするという子供も多くいるため、実力に差が出るのを心配する意見もありました。

中には「できないことをバカにされたくないので、結局親と事前に練習しに行かなければならなくなる」という方も。

その他 反対意見の回答

・自分があまりスキーが得意じゃないので子供と一緒にスキーに行って教えるのが大変だから。スキー教室に通わせれば解決するかも?(40代女性/北海道札幌市中央区)

・スノーボードのほうがイケてるから。(40代男性/長野県長野市)

・授業時間が50分しかないと、準備片づけにかなり時間が割かれるので、結局そんなに滑ることができないから。(30代男性/岐阜県瑞穂市)

考察

スキー授業に反対・どちらかと言えば反対の理由1位は「金銭面での負担が大きい」という結果でした。4位の「スキー用品を準備するのが面倒」という意見を見ても、スキーは必要なものが多く、金額も高いので非常に親の負担となっています。

また、広大な雪山で行う授業を数名の先生だけで監督するので、子供のケガの心配や安全性を気に掛ける親としての心境もうかがえます。

反対・どちらかと言えば反対の理由から、学校側でスキー用品をレンタルできるようにしたり、授業を選択型にするなどの配慮が必要とされているのがわかります。

子供のスキー用品一式を購入するのに理想的な金額は「20,000円以内」

続いて、子供のスキー用品一式を購入するのに理想的な金額を聞いたところ、結果は以下のようになりました。

子供のスキー用品一式を購入するのに理想的な金額は「20,000円以内」

結果を見ても、多くの方が30,000円以内で抑えたいと考えているのがわかります。

理由としては、「学校の授業で数回しか使わないから」「買い替えが必要だから」といった回答が寄せられました。

また、最も高い金額を回答した方は「200,000円」という結果でした。

まとめ

スキー授業がある地域に住んでいる(過去に住んでいた)親272人にアンケートを実施したところ、「スキー授業に賛成」なのは84.5%でした。

そして、賛成・どちらかと言えば賛成の理由1位は「雪国ならではの授業だから」でした。

対して、反対・どちらかと言えば反対の理由1位には「金銭面での負担が大きい」という意見が寄せられました。

また、子供のスキー用品一式を購入するのに理想的な金額は「20,000円以内」で、できる限り費用を抑えたい方が多数でした。

スキーは雪国ならではの経験なので、比較的スキー授業にも賛成の方が多いですが、費用や準備にかかる親の負担、ケガのリスクなどが大きいといったマイナス面も納得できるのではないしょうか。

ジュニアスキーに関するお役立ちコンテンツ

ジュニアスキーレッスンに関するコンテンツ