キッズ・ジュニアスキー用品専門店ARU(アル)

電話受付 10:00~19:00(水曜定休)
050-5373-6909
出られない場合は折り返します

スキーに関する用語集

目 次

ビンディング

ビンディングとは、ブーツとスキー板を接続するための器具で、英語読みの「バインディング」と呼ばれることもあります。

つま先と踵の2箇所で接続を行い、つま先側をトゥーピース、踵側をヒールピースと呼びます。滑走の目的によって、アルペンビンディング、ツアービンディング、ピンテックビンディングの3種類に分かれます。

アルペンビンディングは、最も一般的なビンディングで、レースや基礎スキー、フリースタイルで採用されている構造で、滑走で安定感があるのが特徴です。

ツアービンディングは、アルペンビンディングに近い特徴ですが、踵が浮いて歩行がしやすい構造になっているので、山を登ってそのまま滑走するのに向いています。

ピンテックビンディングは、ツアービンディングよりも歩行に重点を置いた構造で、軽いのが特徴です。


ブーツ

スキーのブーツは、ビンディングが装着できるように、つま先と踵に出っ張りがあり、堅いプラスチックで覆われいます。滑走の目的によって、デモブーツ、レーシングブーツ、フリースタイルブーツの3種類に分かれます。

デモブーツは、一般的なタイプで、滑り易さや快適性に優れており、バックルの締め方で、リアエントリータイプとフロントバックルタイプの2種類があります。子供や初心者は、脱着がしやすく柔らかいため、リアエントリータイプがオススメです。

レーシングブーツは競技用のブーツで、堅く高速滑走に向いており、フリースタイルブーツは、ハーフパイプやモーグル向きのブーツで、衝撃吸収性や足首の自由度が高い特徴があります。


ストック

スキーは、滑走の際にバランスやタイミングを整えたり、雪面に突いて加速するために使用します。カーボン製やアルミ製のものがあり、重さが異なります。


エッジ/エッジング

エッジとは、スキー板の滑走面の両側面に付いている金属の部分です。滑走面に対して角度を調整することで、曲がり易さや反応が変わります。

エッジングは、エッジを立てることにより方向転換や停止を行う滑走技術の一つです。


カービング

カービングは、スキー板を横滑りさせずに、エッジを立てながら曲がる滑走技術です。

カービングスキーは、スキー板側面のサイドカーブを大きくして回転半径を小さくなっていて、カービングがやり易いようになっています。


スケーティング

スケーティングとは、スキーを履いて平地を移動する技術です。スキー板を左右にスライドさせて滑ります。


ピボット

ピボットとは、ブーツを中心にして最小半径で回るターンです。主にコブや林間など狭いところを滑るに必要な技術です。


ジュニアスキーに関するお役立ちコンテンツ

ジュニアスキーレッスンに関するコンテンツ